女性ホルモンはセックスで増えるってホント?ウソ?

女性はセックスすると女性ホルモンがアップしたから!なんて感じたことはありませんか?結論から言いますと、これは×嘘です。
女性ホルモンはセックスしたからと言って増えるわけではないのです。でも、なんだかきれいになってきたような気がする時ってありますよね。
女性ホルモンはセックスで増えるってホント?ウソ?
確かに心身ともに満たされたセックスは、全身にプラスに働きます。
なぜなら、心が満たされることによって脳に言い変化を及ぼすことによって、脳からドーパミン・セロトニン・オキシトシンといった体にいい影響を与えるホルモンが分泌されます。このホルモンは「幸せホルモン」とか「幸福ホルモン」と呼ばれており、心を安定させ幸せな気持ちにさせてくれます。
これが分泌されると、結果的に女性ホルモンの分泌が活性化され、相対的にきれいのもととなるのです。
でも心が満たされないセックスはストレスになり逆効果。ストレスが溜まっている状態が続くと、女性ホルモンの分泌が悪くなります。
ストレスは女性ホルモンの減少を招くことはよく知られていますよね。
つまり、ときめいたり、心が満たされるようなことをすると、心も体にも良い影響が出るということです。女性ホルモンの分泌はエストロゲンとプロゲステロンをバランスよく保った状態ですが、脳からの信号を受け取って分泌されています。
そのため、満たされた心を脳がキャッチすると、これらのホルモンの連携を良くし整えることによって女性ホルモンのバランスが保たれた状態になるのです。
女性の皆さんは、無理せず自分が喜ぶことを沢山取り入れて「幸せホルモン」を増やしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>